合同レッスン


 
指揮専攻では他専攻の教員や学生の協力のもと、学生が自由参加型のオーケストラを振るという稀有なレッスンを実現させています。学生は「個人レッスン」などで学ぶ指揮のテクニックやスコアリーディング、音楽学的な理解などすべてを集中させるのはもちろん、リーダーであることの意味、コミュニケーションの本質などを試行錯誤しながら見つけていきます。また国内外で活躍する演奏家や音楽専門家を特別アドヴァイザーにむかえることで、忌憚のない現場の生の声を聞く機会ともなっています。